カフェインでどれくらい眠気を無くせる?


カフェインというのは、眠気を取り除く作用があるとされているのですが、カフェインを摂取しすぎてしまうと今度は睡眠の妨げになってしまいます。

ただ、適度に摂取するのであれば、痴ほう症対策や病気の発症対策をしていくことも可能だという話もあります。

ここでは、このカフェインに関する知識についてお話をしていきたいと思います。

まずカフェインが多く含まれている飲み物というとコーヒーというイメージがとても強いのではないでしょうか?
確かにコーヒーにも多くのカフェインが含まれているのですが、コーヒー以上にカフェインの含有量が多い飲み物はあります。

その一つとして挙げられるのが、日本人にはとても馴染み深い玉露です。

玉露はコーヒーと比べて、カフェインの含有量が2倍になっています。

カフェインが含まれていないドリンクが良いのであれば、ルイボスティーやハーブティー、黒豆茶などを飲むといいでしょう。

ちなみにカフェインというのは、長い時間効果が持続されます。

その人によって体質は違っているのですが、胃腸で吸収されたカフェインというのは、すぐに血液で脳に運ばれ、そのまま8時間から14時間ほど効果が続くとされています。

そのため、夕方に飲んでもカフェインの作用が継続され、夜になってもなかなか寝付けないということもあります。

人間の体には、体内時計の役割を果たしているメラトニンというホルモンがあります。

このメラトニンの分泌量をカフェインが抑制するとされています。

ですから、睡眠前には、コーヒーや紅茶、そして玉露は飲まないようにしたほうがいいでしょう。

そして、妊娠をしている女性は、極力カフェインが含まれている飲み物は飲まないようにしたほうがいいでしょう。

妊娠をしている時にカフェインを摂取すると、胎児の体重が増えなかったり、早産や流産の可能性が高くなってしまうというデータもあります。

普段コーヒーを飲んでいるという方は、カフェインが含まれていないコーヒーを飲むようにしましょう。

また、一日にどれくらいコーヒーを飲んでも大丈夫なのかを産婦人科の医師に聞いたほうがいいでしょう。

カフェインにはこんな効果がある

アメリカ人の成人の8割程度の人が、一日に200㎎ものカフェインを摂取しているのだそうです。

カフェインの主な作用として、眠気を解消させるという作用が知られていますよね。

逆に、眠気を解消させる作用しか知らない人は多いのではないでしょうか?
今回は、Women’sHealthMagazineで紹介されていたカフェインの効果についてお話をしたいと思います。

・運動能力の上昇
カフェインを運動の1時間前に体の中に摂取すると、運動能力が向上しやすい作用があるのだそうです。

この他にも、カフェインというのは自分が頑張っているという意識を薄めやすい作用があるため、作業などをしていても億劫にならず、集中力を維持しやすくする作用もあります。

・記憶力を向上させる
一日に300㎎から400㎎のカフェインを取り入れるようにすると、アルツハイマーになりにくくするとNYCの栄養士の実験で判明しています。

ただ、カフェインを取りすぎてしまうと、睡眠不足になってしまい、アルツハイマー対策をしづらいため、適度にカフェインを摂取するようにしなくてはなりません。

・エスプレッソに含まれているカフェインというのはそこまで多くない
コーヒーの中でもエスプレッソは、カフェインが多く含まれているような印象を持っている人は多いのですが、実際のところ、エスプレッソのショットだと、カフェインは40㎎から70㎎程度しか含まれていません。

実はエスプレッソよりも、カフェインはドリップコーヒーのほうが多く含まれています。

・コーヒーの種類によってカフェインの含有量は違う
コーヒーの種類によって、カフェインの含有量は違っています。

例えばアメリカにあるDunkin’Donutsというドーナツ屋と日本でもなじみのあるスターバックスというのは、同じコーヒーの量でもカフェインの含有量は100㎎違っています。

このように、コーヒーというのは実は色々な作用があったり、カフェインの含有量が違っているのです。

 

綺麗なカラダを保つための医薬品

 

美容スキンケアについて
食生活を改善しながら健康を保ちつつ、これまで以上に効率の良いカラダ作りをお手伝いします。

食欲抑制剤について
普段通りに食べても太らないカラダ作りを全面的にサポートします
 

更新情報

△PAGE TOP